ツールハック!

ツールハック!は、ウェブサービス、SNS、アプリなど、流行のツールの便利な活用方法をわかりやすく解説するサイトです。

今からでも間に合う!2016年、個人事業主、フリーランスの確定申告に役立つWebサービスまとめ

time 2016/01/10
今からでも間に合う!2016年、個人事業主、フリーランスの確定申告に役立つWebサービスまとめ

さぁ、今年もこの時期がやってきました!そう、確定申告です!

2016年は2月16日(火)から3月15日(火)所得税の確定申告期間になっています!

フリーランスや個人事業主の方も、1月くらいから1年分の必要書類や経費計算を始めておかなければいけません。

そこで今回は、フリーランスや個人事業主の方の確定申告に役立つサービスをご紹介します!

全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)

当社のスタッフでも、このfreeeを昨年使っていた人が数人いましたが、個人事業主やフリーランスだとこれで十分間に合います!

経理データを入力しておけば、青色申告、白色申告などで必要な書類が数クリックで作成可能です。

確定申告 freee

また、銀行やクレジットカードを登録しておけば、「自動で経理」というコマンドに取引金額がすでに入力されているので、勘定科目を選択するだけ!

これはかなり便利です!

自動で経理

チャットサポートでなんでも解決できる!

スポンサードリンク

一番の特徴は、「標準プラン」で利用できるチャットサポートです!

普通のチャットサポートってサービスの使い方だけだったりするんですが、確定申告において分からないことや、「会社の常備薬を買ったんだけど、科目はどれにしたらいいかな。」みたいなときでも専門の税理士がサポートしてくれます!

税理士に頼んでなくても、かなり心強いです。

(ちょっともう自分だけでは無理だ!っていう方は、freeeから税理士を探すこともできます。)

freee 全自動のクラウド型会計ソフト

標準プランは月980年、年間9800円の支払方法がありますが、まずは確定申告の時期の近いときだけお試しで入るのもありだと思います!

▼公式サイトはこちら (freee)

売上実績No.1!2人に1人が使う【弥生シリーズ】

会計ソフトで一番有名なのがこの弥生シリーズです!

取引をしている税理士さんも使っていたり、弥生をサポートしているところは多いですね。

こちらもfreeeのように、銀行口座やクレジットカードなどを登録しておけば「スマート取引取込」の機能を使って自動的に仕分けができます。

また、「まとめ仕分け」を使えば、同じ科目の取引データを月ごとにまとめることもできます。

青色申告オンライン、白色申告オンラインとサービスが分かれており、料金プランも数百円程度違います。

なにより「セルフプラン」は初年度無料!しかも次年度キャンセル可能なので、実質無料!!
「ベーシックプラン」も初年度半額の4,320円/年(白色オンライン)
と安いので、無料体験プランよりもセルフプランから始めることをおすすめします!

ベーシックプランでもfreeeのチャットサポートと違い電話サポートもついて4,320円!かなりお得です!

料金プラン_やよいの白色申告 オンライン|青色申告・確定申告ソフトなら弥生

 

▼やよいシリーズ(公式サイト)白色申告/青色申告(公式サイト)

確定申告をしないとどうなる?

確定申告を期間内にしなかった場合、もしくは内容に漏れがあった場合、下記のようなペナルティーがあります。

①過少申告加算税

過少申告加算税とは、納める税金が少ない場合(売上の過少申告、経費の非承認など)、税務調査が入って発覚した場合に、加算される税金です。

税務調査が入る前に自己申告した場合は加算されませんので、もし間違えに気づいた場合などは早めに修正申告しましょう。

税務調査にて発覚した場合、新たに納めることになった税金の10%相当が過少申告加算税として加算されます。

ただし、納税額と50万円とのいずれか多い金額を超える部分は15%となります。

②無申告加算税

申告を忘れて、申告の期限を超えた場合にペナルティーとして加算されます。

本来、納めるべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える金額の部分には20%を加算して納税しなければなりません。

ただし、税務署の指摘以前に自ら期限後の申告をした場合は、5%の加算となります。

③重加算税

申告をせずに故意に所得を隠したり、偽の書類を作って嘘の申告をしたと認められた場合、重加算税が所得税に対して加算されます。

いわゆる「脱税」とイメージされるものの最たるものがこのパターンかもしれませんが、悪質だと認められた場合に加算される税金で、
所得税額に対して35%(期限内申告の場合)、40%(期限後申告の場合)と、大きなペナルティーが課せられることになります。

もう間に合わない!専門家に任せたい!

取引件数が多かったり、あまりにも知識がない場合は、専門家にすべて任せてしまうのも選択肢の1つです。

その場合、適切なアドバイスももらえますし、相談しながら事業を進めることもでき、財務についてもある程度適切なアドバイスをくれることが多いです。

税理士を紹介してくれる専門部署などに相談することも検討してみるといいでしょう。

税理士は長い付き合いになる大事なパートナーですので、専門分野やタイプ別に相談に乗ってくれた上で、自分にあった税理士を紹介してもらいましょう。

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

 

難しく考えすぎずに、まずは期限内の申告を心がけましょう!

もしも、期限内に間に合いそうにない場合でも、freeeや弥生のオンラインを使えば、すぐに書類が作成できますので、
最悪の場合は、売上分のみでも入力して、後から経費などを修正申告してもよいかもしれません。

多めに払っておいて、後から修正申告する分には税務署の調査もないと思います。

down

コメントする




スポンサーリンク

おすすめ商品

Facebookページ

いいね!ありがとうございます!

サイト更新の励みになります!

お買い得アイテム